photoshopで簡単に煙を作る方法
PRE PAGE
HOME > デザイン > photoshopで簡単に煙を作る方法
2022年05月22日

photoshopで簡単に煙を作る方法

みなさんこんにちは、エンジニアのjonioです。

今回はphotoshopで煙を簡単に作る方法を解説します。

今回は↓を作るとします。

煙の完成

それでは説明します。

 

 

背景を塗ってブラシツールで元線を書く

煙がわかりやすくするためにまず背景レイヤーを黒色に塗って上のレイヤを作りそこにブラシツールで描きます。

↓がブラシツールで描いた後です。

ブラシツールで描いた後

↓がレイヤーです。

レイヤーの状態

 

 

フィルター > 変形 > 波形

レイヤー1を選択した状態でphtoshopの上のメニューの「フィルター > 変形 > 波形」を選びます。

フィルター > 変形 > 波形

すると値を調整するメニューが出てくるのですが私は↓にしました。

私が設定した値

メニューのOKをクリックするとレイヤー1が↓になります。

OKを押した後

 

 

編集 > 波形をフェード…

レイヤー1を選択した状態でphotoshopの上のメニューの「編集 > 「波形」をフェード…」をクリックします。

編集 > 「波形」をフェード...

すると↓のメニューが現れるので不透明度を「50%」にします。

フェードの設定

するとレイヤー1が↓になります。

フェードを使った後のレイヤー1

後は「フィルター > 変形 > 波形」と「編集 > 「波形」をフェード…」の繰り返しで煙ができます。

今1回目が終わったので2回目の設定をします。

 

 

2回目以降は波形の設定を少し変える

2回目以降の波形の設定は↓の赤枠(開始位置を乱数的に変化させる)を1回クリックして下さい。

2回目以降の波形の設定

そして2回目の一連の作業が終わった状態が↓です。

2回目の設定が終わった状態

3回目の一連の作業が終わった状態が↓です。

2回目の一連の作業が終わった状態

そしてレイヤー1の不透明度を30%にしたら↓になり完成です。

煙の完成

●いいねをつけてもらえると励みになります。