WEB制作の会社の面接官が外国人の場合に注意しないといけない事
HOME > 実務 > WEB制作の会社の面接官が外国人の場合に注意しないといけない事

WEB制作の会社の面接官が外国人の場合に注意しないといけない事

みなさんこんにちは、WEB制作のエンジニアのjonioです。

私の就活中に一般企業でWEB制作をするインハウスデザイナーの求人に応募したのですが面接官が外国人(多分中国人)の方でした。

そして面接中に面接官はそう思っていないと思うのですが色々と腹が立つことを言われてメールで辞退しました。

今回は私が面接を受けた時の状況を説明しますので面接官が外国人の方で私と同じ感じの面接内容だったら働いてから酷い目に遭うので採用になっても辞退した方がいいです。

それでは説明します。

 

 

メールでのやり取りが怪しい

求人に応募して面接の連絡があり面接前に日時の連絡をしないといけないのですがこちらが返事をすぐに返しても返事は4日後でした。

私はいーっぱい会社の面接を受けたのですが応募した会社からの返事が2日以内にない場合は変な会社の可能性が高いので警戒しましょう。

何とか連絡が取れて面接になりました。

 

 

面接のスタートもやっぱり変

「面接前のメールのやり取りで相手が名前を名乗らなくて変だな〜」と思っていましたが面接が始まって相手が自分の名前を名乗らず私に自己紹介をさせて仕事内容になりました。

私に自己紹介をさせているのに相手が名前を名乗らないって変だと思いませんか?

面接は面接を受ける人と行う人が一緒に仕事をできるかを確認しないといけない場なのに最初からコミュニケーションを切る事をするからこの時点で働いてはいけない会社だと思いました。

 

 

質問の時の面接官の態度が攻撃的でムカつきすぎる

面接官から技術的な質問をされたのですがひたすら攻撃的でした。

日本人でも攻撃的だったり圧迫する人はいますがそれとは違ったムカつく気持ちになる質問のされ方でした。

全ての質問に対して答える事ができるけどただムカつく。

偏見かもしれないですが日本人じゃないから「こんな言い方をされたらムカつく」という感覚が分からないのでしょう。

会社が狭い感じでしたがこんな変な会社で働く人はどんな感覚をしているのでしょう?

SEOの話になった時に色々と聞かれたのですがたまたまドメインパワーの話になったので私が作ったサイトのドメインパワーが8から20になった話をしていたら面接官は検索順位が8位から20位に下がったと圧力をかけてきたので「検索順位じゃないですよ」と言ったら沈黙しました。

「こいつが質問した内容は人から聞いたうわべの内容だな」と思いもうそこから答え方がいい加減になりました。

 

 

日本語が理解できない

言い方が失礼ですが日本育ちの方ではなく帰化日本人かずっと日本に住んでいる方だと思いますが所々日本語がたどたどしくて日本語が理解できない時がありました。

私が返事を返して相手が言った内容が意味不明な時もあったので私が言った内容が相手に伝わってない時もあったと思います。

日本語が流暢に話せないなら仕事が始まってトラブルになるかもしれません。

 

 

今回の面接で学んだ事

日本語が分からない人と仕事するのは無理だと思いました。

自分より下の立場の人間が日本語が分からないならジェスチャーで伝えればいいですが上の立場の人間が日本語が分からないの致命的です。

制作会社で面接官が外国人なのは見た事なかったのでやはりインハウスは危険だな〜と思いました。

●いいねをつけてもらえると励みになります。