面接官の第一印象が気持ち悪かった心斎橋にあるデザイン会社の面接
HOME > 実務 > 面接官の第一印象が気持ち悪かった心斎橋にあるデザイン会社の面接

面接官の第一印象が気持ち悪かった心斎橋にあるデザイン会社の面接

みなさんこんにちは、WEB制作のエンジニアのjonioです。

今回は面接官の第一印象が「気持ち悪い」と思ったデザイン会社の面接について解説します。

面接官と代表が面接官でデザイナーは初対面の人に平気で失礼な発言ばかりして「初対面の人に対してよくそんな事を言えるな〜」と思うくらい人を不快にする人で代表も面接を受ける人を物としか見てない印象の人でした。

それでは説明します。

 

ここはジモティーから応募した所が最初の返事から自分の中で引っかかる所で「面接の必要があったらお願いします」と返事がありました。

「面接の必要があったら」という発言をするってすごく失礼ですよね。

ムカっとしたので返事を返すのを止めようと思いましたが一応返事を丁寧に返したら面接になったのですがめーっちゃ返事が遅い所でした。

「恐らくここはハズレの所だからどんな会社かだけを見よう」と思って変な会社の分析のためだけで面接に行きました。

 

 

デザイナーの面接官の見た目が気持ち悪い

会社に入って「すいませ〜ん」と言った瞬間に部屋の匂いの甘臭さに吐き気がしました。

「ここくさっ、どんな人間が働いているんだろう?」と思っている内に面接が始まりました。

そしてデザインの責任者が出てきて↓みたいな人が出てきて「うわっ、こいつ無理」と思いました

髪の毛の色が派手だったりタトゥがいっぱいあって派手で凄いな〜とかそんな感じじゃないんです。

初めて対面した人を不快にする見た目でした。(「根岸宗一」で検索してください、画像がいっぱい出てきますがそんな感じです)

こいつはとにかく段取りが悪く事前に送ったはずの履歴書と職務経歴書とポートフォリオを一切見ていませんでした。

狭い部屋を会社にしている所で会社の人間は5人でしたが誰が私とメールでのやりとりをしたのでしょう?

社長もいたのですが私がどこから求人に応募したかを知りませんでした。

私がメールでやりとりしていた人は社長とデザイナーに何と伝えていたのでしょうか?ただ面接をしてくださいとだけ伝えたのでしょうか?

どんな職業であろうと会社の規模が小さすぎるのに社員同士の情報共有がまともにできていない所は人間関係が悪いからすぐ辞める人が多い傾向があります。

面接が始まってすぐに「帰りたい」と思いました。

部屋は臭いし面接官は気持ち悪いし最悪でした。

 

 

人を物としか見てない嫌な言い方をする

面接官は性格も悪いと思いますがあら探しをする聞き方をしていました。

「なぜWEBの仕事をしようと思ったかとあなたがあなたがどんな風にしてスキルを上げたかを教えてください」と聞かれたので答えたら気持ち悪いデザイナーが「それだけスキルがあるならなぜフリーランスにならないんですか?」と聞いてきました。

これって「偏見ですよね」

「なんで何でお前にそんな言い方をされないといけないんだよ」と思いっきり頭に来たのでいい加減に答えました。

「こいつ見た目が気持ち悪いのに性格も悪いな〜」と思いながら面接を受けていましたが私を物としか見てない様な言い方をしたので感じよく話を終わらせる返し方をしました。

最後に質問できたから聞いたけど「こいつそんなに大した事ないな」と思う返事の返し方だったのでその程度の所だったのでしょう。

何を質問しても聞いている内容と違う内容の返答をするから頭が悪いのでしょう。

社長にも頭に来たのでいい加減に答えましたが何よりデザイナーにムカつきすぎて社長と何を話したかを覚えていません 笑

面接の時に名刺を貰ったけど帰りに捨ててジモティーから連絡できない様にブロックしました。

小さい会社なのに社員間の連絡が全くできていない典型的なダメ会社だったのでこんな所で働いても得られる物は全くないはずです。

この会社は心斎橋のアメ村の辺りにあったのですが遊ぶ地域にある会社って色んな会社の面接を受けたけどまともな所ではないと思いました。

●いいねをつけてもらえると励みになります。