HOME > 実務 > 実務未経験から複数ヶ所で実務をすることのデメリット
最終更新日:2022.07.26

実務未経験から複数ヶ所で実務をすることのデメリット

このサイトを見ているみなさんは実務未経験の方だと思いますが実務未経験だと実務経験を積みたくてとにかく働きたいと思うはずです。

でも絶対にやめた方がいいのを私の体験から説明します。

私はコーダーとして2ヶ所掛け持ちで実務をして訳が分からなくなって1ヶ所にしました。

それでは説明します。

 

 

会社のコーディングルールがぐちゃぐちゃに混ざる

当然ですが会社によってコーディングルールが違い癖が相当あります。

スタイル管理(cssの管理)は普通はFLOCSSを使いますがscssのファイルを管理するフォルダ名が全く違います。(私が実務をしていた1ヶ所はFundation、Layout、Objectのファイル自体がなくてめちゃくちゃな構成になっていました)

私は実務をするまでFLOCSSを知らなく仕事が始まってから知ったのですが初日は頭がパニックになりました。

2ヶ所でクラスに対する命名規則も違うので2つの会社のルールに慣れるまでに相当時間がかかります。

ということは仕事に慣れるのに時間もかかるので会社は戦力外とみなすかもしれません。

戦力外になったら精神的にキツいですよ、だからまず1ヶ所の会社で実務のコーディングに慣れるべきです。

 

 

休みがなくて精神的におかしくなりそうになる

2ヶ所で働くということは1つの所で働く日数が減りますがどの制作会社も働く日数を多くしたいはずです。

私が働いた1つの会社は特殊な所で土日も会社が開いていて仕事ができたので働いていました。

今になってこれが本当に愚かな行動だと思います。

今は週5日で働いていますがそれでも「キツいな〜」って思う時があります。

週7で働いていた時は「今日も仕事だ、いつになったら休みになるんだろう?」って毎日考えていました。

土日に働ける会社の上司から「働きすぎだよ、休みを取った方がいいよ」と何度も言われていました。

ずーっと働いていると精神的に変になり普段考えないようなことも考えてプログラミングの勉強に使う時間も取れません。

週7で働くのは2ヶ月で終わったからよかったですが1年続けたら体調を壊していたと思います。

 

 

面接で辞めた理由を必ず聞かれる

複数ヶ所で働くと働きやすさとかで必ず会社を比べるようになります。

そうなると微妙な所を辞めようと思いますが職務経歴書に辞めたことを記載しないといけなくなります。

WEBの会社でずーっと働くことを考えた時に面接で複数ヶ所で働いた理由と辞めた理由を必ず聞かれます。

ネットで見た情報によると会社によっては面接後に辞めた会社に辞めた理由を聞くらしいです。

万が一会社に辞めた理由を聞かれたら面倒なことになるかもしれません。

だから1ヶ所のみで働いた方がいいです。

 

 

上司のスキルにがっかりしなくて済む

人によってスキルは違いますが中には実務をしていても経験が長い割にスキル的に大したことがない人がいます。

FLOCSSを使うとBEMを使い入り子構造でscssを書くことになりますが私のある上司はBEM禁止と訳が分からないことを言ってました。

また勉強が嫌いとか勉強に対してマイナスなことを言う割にスキルのアップデートを常にしないといけないとか矛盾した発言をする人でした。

「この人は言ってることがメチャクチャだな」と思って悪い印象しかなかったです。

その会社は辞めたからいいけどその人に着いていってもスキルは伸びなかったでしょう。

下手に色んな所で働くと変な上司に当たる可能性がありえるのでそうならないためにも1ヶ所に絞った方がいいです。

もし一ヶ所だけで働いて上司が能力的に低くて一緒に働きたくないと思ったら我慢して働いてどこかのタイミングで辞めた方がいいです。

と言った感じで実務は絶対に1ヶ所のみにした方がいいです。

●いいねをつけてもらえると励みになります。